開咬とは

im_kaikou01

開咬の原因

原因① 指しゃぶりの癖が治らなかった場合

幼いときからの癖で指しゃぶりなどが原因で、上下の前歯と前歯の間に隙間が出来てしまうことを開咬 (かいこう)と言います。このままの状態が続くと、前歯では食事ができず、奥歯のみで咬むことになり、 奥歯への負担が大きくなるため、将来的にダメージが大きい奥歯が抜けてしまったりするリスクがありま す。

原因② 上下の前歯と前歯の間に隙間がある場合

初めてから上下の歯の間にすき間があると、無意識のうちに気になってしまい、舌で触ったり、押し込ん でしまう癖がついてしまいます。その結果、徐々に上下のすき間が広がっていき、開咬になってしまいま す。

原因③ 遺伝的な要因

開咬の原因の1つに家族からの遺伝的な要素も含ませます。顎の形状は親などからの遺伝の部分が大きく、 開咬ぎみの方が家族などがいる場合にはその状態が遺伝することがあります。

開咬をそのままにしているとこんな怖いことに

ドライマウスのリスク

口が開いている状況が続くと、口が乾燥してしまいドライマウスになってしまうことがあります。ドライ マウスになると唾液の量が少なくなってしまいます。唾液は口の中に存在する細菌の増殖を抑制する効果 があり、その唾液が少なくなってしまうことで細菌が原因で歯周病や口臭の原因になってしまうことがあ ります。

噛む機能の低下や顎関節症になってしまうことも

前歯で食事などできなくなってしまうため、奥歯への負担は大きくなってしまいます。そのため開咬の多 くは奥歯から歯を失ってしまうことが多いのです。 長生きしてもいつまでの自分の歯で生活をしたいという方は、ぜひご自身の咬み合わせを考えてみたらよ いでしょうか。

また、開咬の場合顎への負担が大きくなってしまうことで、顎関節症になってしまうリスクも高くなります。

開咬の治療法

マルチブラケットシステム
インプラント矯正

 

  • 専門医による、親切丁寧なカウンセリング 矯正無料相談 どんな事でも、お気軽にご相談ください!
  • 世界最先端の技術を取り入れています

Green Dental Beauty 京都グリーン矯正歯科センター

診療時間 9:30から12:45/15:00から20:30 土曜9:00から12:15/14:30から18:00 休診日/金曜・日曜

四条駅から徒歩1分 アクセスマップ

メール相談お問い合せ こちらから

診察・相談のご予約 0120-118-284

〒604-8152
京都市中京区烏丸通錦小路上ル手洗水町670
京都フクトクビル2階