モーラーディプレッサーとは

京都の歯医者では歯並びの悪さや噛み合わせの悪さで来院される方が多くいらっしゃいますが、歯は見た目を左右するだけでなく、咀嚼や骨格の歪みなど健康面でも様々な弊害が想定されるので早急な対処が必要になります。歯列の問題でも多くの方が悩んでいるものとして開咬と呼ばれる症状が挙げられます。京都の歯医者でも比較的若い方から高齢者の方まで多くの方が有している症状ですが、最新の治療を用いればこれまでとは比較にならないほど綺麗で早期の治療が可能になっています。ここでは京都の歯医者で行われる開咬の治療について見ていきましょう。
京都の歯医者では開咬の治療でモーラーディプレッサーと呼ばれる装置を使用することがあります。これは噛み合わせの悪さを調整することに非常に高い効果を発揮するのですが、そもそも開咬とはどのような状態を指すのか見ていきましょう。開咬は京都の歯医者でも患者数の多い状態ですが、奥歯と前歯の噛み合わせに不具合が生じている状態です。つまり奥歯はしっかりと噛み込めているのに、前歯の先がずっと開いた状態になってしまい咀嚼時の負担が多くなり、顎関節症や顔筋のバランスが崩れるなど様々な弊害が生じます。さらに笑った時に前歯に隙間が生じるので見た目上もコンプレックスとなり、さらにさ行など空気が抜けるような発音となりますので、舌足らずな話し方になってしまいます。このように京都の歯医者でも開咬を強くコンプレックスに感じている方が多く来院されますが、モーラーディプレッサーが広く適用されています。
モーラーディプレッサーとは「モーラー(Molar)奥歯」を「ディプレッサー(Depress
)圧下」させるという意味ですが、強く押し付けられている奥歯を歯肉の方に圧下させることにより前歯の高さと合わせるように調整して行きます。これと矯正用のインプラントと併用することにより、効率的に開咬の強制を行っていくことが可能になります。
歯列矯正は歯並びの悪さがコンプレックスになって行う方が多いですが、矯正装置自体がコンプレックスとなってしまうこともあります。しかしモーラーディプレッサーは外からはほとんど見えない矯正装置となっているので、思春期の方でも女性の方でも不安に感じることなく治療を進めていくことが出来ます。このように京都の歯医者でも積極的に行われているモーラーディプレッサーを使用した歯列矯正ですが、見た目上も機能面でもデメリットとなる開咬を効率的に強制出来るので、お悩みの方にはぜひおすすめしたい治療方法になります。京都の歯医者でもカウンセリングを受け付けていますので、治療方針の疑問を解消した上で安心して治療を行って下さい。

  • 専門医による、親切丁寧なカウンセリング 矯正無料相談 どんな事でも、お気軽にご相談ください!
  • 世界最先端の技術を取り入れています

Green Dental Beauty 京都グリーン矯正歯科センター

診療時間 9:30から12:45/15:00から20:30 土曜9:00から12:15/14:30から18:00 休診日/金曜・日曜

四条駅から徒歩1分 アクセスマップ

メール相談お問い合せ こちらから

診察・相談のご予約 0120-118-284

〒604-8152
京都市中京区烏丸通錦小路上ル手洗水町670
京都フクトクビル2階