WCLワイヤーについて

歯列矯正は日本人でも多くの方が悩んでいるので、京都の歯医者でも多くの方が継続して治療を行っています。歯列矯正と言えば多くの方が歯にワイヤーを装着して矯正を行うワイヤー矯正を思い浮かべますが、京都の歯医者でも今では様々な選択肢が存在します。もちろん今でもワイヤー矯正は主流な方法として京都の歯医者でも治療が行われているのですが、見た目を気にする方やそれぞれの歯並びの状態など、個々人のケースによっては必ずしも唯一の選択肢ではなくなってきています。
インビザラインや裏側矯正など様々な技術が登場する中、WCLワイヤーと呼ばれる矯正装置も京都の歯医者で注目を集めている治療方法の一つです。ここでは京都の歯医者でも多く採用されているWCLワイヤーについて、その具体的な治療方法について見ていきましょう。
そもそもWCLワイヤーとはどのような由来があるのでしょうか。実はWCLとは「Waterhydrant Closing Loop」のことで、Waterhydrantとはアメリカなどで使用されている消火栓を意味する単語です。これはWCLワイヤーに使用されるループと呼ばれる部分が消火栓に似ているためにつけられたものですが、WCLワイヤーではこのループ部分が大きな役割を果たします。
WCLワイヤーが有効な治療例となるケースとしては、歯と歯の間に極端に隙間が生じるいわゆる「すきっ歯」と呼ばれる状態ですが、この歯と歯の間を閉じるようにループを取り付けます。このループが元に戻ろうとする力を利用して歯と歯の間の隙間を閉じていくのですが、かなり細かな部分の矯正が可能で、調整も行いやすいことから京都の歯医者でも積極的に導入が進められている治療方法になります。しかし、こうしたWCLワイヤーではいくつかのデメリットがあります。まず挙げられるのが歯磨きなどメンテナンスの難しさで、ループの下部分が非常に磨きにくくなってしまいます。そのため磨きにくい箇所に汚れや歯垢が定着してしまうことがあるので、様々な角度から磨き残しのないようにしっかりとブラッシングを行うことが重要です。また京都の歯医者でも導入が広がっているWCLワイヤーですが、まだまだワイヤー矯正などに比べると治療を受けられるクリニックは限られてきます。そのためかかりつけ医にご相談の上治療が可能なクリニックを紹介してもらうということになるかも知れないのですが、その際には通院など患者負担も増えてしまいます。
このように非常に効率的で優れたWCLワイヤーなのですが、いくつかのデメリットもありますので、事前にしっかりと理解しておく必要があります。しかし、京都の歯医者でもよくご質問をお受けする注目の矯正装置なので、ぜひ一度かかりつけ医にご相談して下さい。

  • 専門医による、親切丁寧なカウンセリング 矯正無料相談 どんな事でも、お気軽にご相談ください!
  • 世界最先端の技術を取り入れています

Green Dental Beauty 京都グリーン矯正歯科センター

診療時間 9:30から12:45/15:00から20:30 土曜9:00から12:15/14:30から18:00 休診日/金曜・日曜

四条駅から徒歩1分 アクセスマップ

メール相談お問い合せ こちらから

診察・相談のご予約 0120-118-284

〒604-8152
京都市中京区烏丸通錦小路上ル手洗水町670
京都フクトクビル2階