叢生とその対処法とは

 顎の骨が小さいのにもかかわらず、永久歯が大きい場合は叢生になる場合が多いといえます。永久歯が生えた時、並ぶスペースがない場合には、本来生えるべき位置とは違った場所に歯が生えてしまうことがあります。また、永久歯のサイズが一般的な大きさよりも大きい場合も生えてくるスペースがなく、まっすぐに生えることが難しくなり、ずれた位置に生えてしまうことになります。
 叢生を治療せずほっておくと虫歯や歯周病になりやすい状態になってしまいます。 歯が揃っていないと、どうしても歯と歯の間に磨き残しがおこりやすく、磨き残しには虫歯菌が繁殖しやすいため、これを放置しておくと虫歯になっていきます。そして、歯周病のリスクも高まってしまいます。歯周病は、日本人が歯を失ってしまう原因の第1位といわれるくらいたいへん怖い病気です。
 また、磨き残しは口臭の原因にもなりやすくなります。口臭の原因は口の中にいる細菌の生命活動が原因であることが多く、叢生の人は、より口臭が発生しやすい状況にあるといえます。
 そのため叢生への対処が必要となってきます。叢生の場合は、まず正しい位置に歯を並べることが必要となります。そのためのスペースを確保するところから治療がスタートします。床拡大装置を装着することで、毎日少しずつ歯列を広げます。床拡大装置とよばれる拡大床プレートは食事の時以外はできるだけ長く装着していることが大切です。
 矯正を始めると矯正歯科に一定期間通うことになりますので、矯正医院を選ぶ際にはきちんとした検査と丁寧な説明をしてくれるかどうか、しっかりとした治療計画を立ててもらえるかどうか、治療方法の選択に関する患者側の希望をきちんときいてもらえるかといった点もチェックして矯正歯科を選ぶことが大切といえます。
 京都グリーン矯正歯科センターは京都市内の四条駅から徒歩1分の大変便利なロケーションにあります。京都グリーン矯正歯科センターでは世界最先端技術を導入した矯正治療が行われています。日本国内だけでなく、矯正最先端国のアメリカなどの研修会に参加するなどして、国内で最先端の矯正治療を実現しています。京都だけでなく大阪や兵庫、滋賀などからも多くの患者が来院しており、近年では歯科技術の進歩の流れを受け、これまでの半分ほどの最短期間での矯正が可能になっています。
 京都グリーン矯正歯科センターの診療では可能な限り患者の感じる痛みや苦痛を最小限に留めることに重点が置かれています。豊富な症例件数で高い実績のある専門医による安心で安全な治療環境での治療を受けることができます。
 このように、顎の骨が小さいのにもかかわらず、永久歯が大きい場合は叢生になる場合が多く、永久歯が生えた時、並ぶスペースがない場合には本来生えるべき位置とは違った場所に歯が生えてしまうことがあります。また、永久歯のサイズが相対的に大きい場合も生えてくるスペースがなく、ずれた位置に生えてしまうことになります。
 京都グリーン矯正歯科センターは京都市内にあり、四条駅から徒歩1分のアクセスしやすい場所にあります。京都グリーン矯正歯科センターでは世界最先端技術を導入した矯正治療が行われています。日本国内だけでなく、矯正最先端国のアメリカなどの研修会に参加するなどして国内で最先端の矯正治療を提供している矯正歯科です。京都だけでなく大阪や兵庫、滋賀などからも多くの患者が治療を受けるため来院しており、近年では歯科技術の進歩の流れを受け、これまでの半分ほどの最短期間での矯正が可能になっています。
 このように、矯正医院を選ぶ際のポイントもしっかりとクリアした矯正歯科といえます。

お知らせの最新記事

  • 専門医による、親切丁寧なカウンセリング 矯正無料相談 どんな事でも、お気軽にご相談ください!
  • 世界最先端の技術を取り入れています

Green Dental Beauty 京都グリーン矯正歯科センター

診療時間 9:30から12:45/15:00から20:30 土曜9:00から12:15/14:30から18:00 休診日/金曜・日曜

四条駅から徒歩1分 アクセスマップ

メール相談お問い合せ こちらから

診察・相談のご予約 0120-118-284

〒604-8152
京都市中京区烏丸通錦小路上ル手洗水町670
京都フクトクビル2階