出っ歯とその対処法とは

 出っ歯は上顎前突といわれ、日本人多い叢生のタイプです。上顎前突は、前歯だけが前突しているものや上顎骨が下顎骨より相対的に前方に突き出たものなどがあります。先天的な原因としては遺伝的な要因があるといわれ、その要因として上顎が大きかったり下顎が小さいといった顔面の骨格形態による顎と歯の相対的不一致や、歯の大きさなどが挙げられています。
 また、後天的な要因としては、生活習慣や癖などが挙げられます。例えば、成長期の指しゃぶりや爪噛み、口呼吸です。また、前歯を下で押し出す癖があると出っ歯になりやすいといわれています。思春期における要因としては主に親知らずが生えてくることが挙げられます。
 上顎前突は3歳以上の指しゃぶりや口呼吸などが原因のこともあり、治療については、歯や咬み合わせの治療と平行して、原因となっている癖の除去訓練も不可欠となります。数でいえば、上顎が前に突出しているという理由より、下のアゴの成長が十分でなかったり、上の歯が前に傾斜していることが原因で起こっている場合が多いといわれています。
 このような上顎前突のケースでは、多くは歯列矯正治療が行われています。歯列矯正には親知らずなどの抜歯を伴うこともあるとされています。また、場合に応じ、上顎骨の一部を切除する外科的な治療も行われる場合もあります。
 目立たないで治療をしたいという人が日本では多くいます。京都グリーン矯正歯科センターは京都市内の四条駅から徒歩1分のロケーションにある矯正歯科です。京都グリーン矯正歯科センターでは世界最先端技術を導入した矯正治療が行われており、専門医による早くて見えない治療なら最適な矯正歯科といえます。京都グリーン矯正歯科センターでは日本国内だけでなく、矯正最先端国のアメリカなどの研修会に参加するなどして学んだ技術をとりいれた最先端の矯正治療が行われています。京都グリーン矯正歯科センターには、京都だけでなく大阪や兵庫、滋賀などからも多くの患者が来院しており、これまでの半分ほどの期間での矯正治療も可能になっています。
 スピード矯正は患者が希望する期間で行う治療です。矯正治療と外科的な手術を組み合わせることで、治療期間の短縮化が図れる治療法です。歯科治療技術の進歩により、これまでの矯正治療では抜歯が必要とされていた場所でも、抜歯なしで治療できるケースがあります。スピード矯正の場合には、歯根吸収のリスクを軽減することができるといわれています。
 また、裏側矯正は歯の裏側に矯正装置を付けるため、周りの人からも気づかれずに矯正を行うことができます。裏側矯正では装置の固定源となる奥歯を動きにくくするため、前歯をきちんと後ろに移動させることができ、前歯が引っ込みやすくするという治療法上のメリットがあります。歯の表面の一番硬いエナメル質が表側より数倍厚くなっており、唾液の静菌作用や殺菌作用によって虫歯菌の増殖が抑えられ、歯の裏側に装置を付けた場合は虫歯になりにくいといわれています。そのため、歯の裏側に装置を付けた方が虫歯になりにくいのです。
 そして、取り外せるインビザラインを使ったマウスピース矯正法は、一定期間ごとに自身での装置交換を行いながら進める矯正治療で、従来の治療では不可能だった矯正装置の着脱が可能な点に特徴があります。使用するマウスピースは透明度が高いため、矯正治療をしていることが目立ちません。また、食事やブラッシング時に容易に取り外すことができ、矯正治療で感じる不快感も気にならないといえます。この他に、快適な通常の矯正法など、患者のニーズに応じた矯正方法を相談することができます。
 京都グリーン矯正歯科センターは京都市の四条駅から徒歩1分のロケーションにあります。専門医による早くて見えない治療なら最適な矯正歯科といえます。

お知らせの最新記事

  • 専門医による、親切丁寧なカウンセリング 矯正無料相談 どんな事でも、お気軽にご相談ください!
  • 世界最先端の技術を取り入れています

Green Dental Beauty 京都グリーン矯正歯科センター

診療時間 9:30から12:45/15:00から20:30 土曜9:00から12:15/14:30から18:00 休診日/金曜・日曜

四条駅から徒歩1分 アクセスマップ

メール相談お問い合せ こちらから

診察・相談のご予約 0120-118-284

〒604-8152
京都市中京区烏丸通錦小路上ル手洗水町670
京都フクトクビル2階