歯並びの種類について

 歯並びがいい人といわれる場合と歯並びがよくない人といわれる場合の違いはなぜ起こるのでしょうか。歯並びの乱れには原因があります。

 叢生は乱杭歯ともいわれ、八重歯も叢生の一種です。基本的には、顎に対して歯が異常に大きかったり、歯の大きさに対して顎が小さすぎるという、歯と顎のアンバランスが原因といわれています。歯が正しく並ぶのに必要とされるスペースが少ない状態で、永久歯の崩出がおこり、歯が一列に並びきらずに重なり合って生えてしまったといった場合におこります。乱杭歯は全体的に歯並びが前後左右に乱れた状態になっています。日本人は顎が小さい傾向があり、このような歯並びの人が大勢います。

 京都市中京区の矯正専門医院京都グリーン矯正歯科センターでは、子どもの歯並びの乱れを矯正するための治療が行われています。子どもの歯並びに早く気づき、気になるポイントがあれば早めに改善してあげることが大切です。

 歯並びを乱してしまう原因は先天的要因と後天的要因の2種類に大きく分けることができます。先天的要因の代表で、遺伝で子どもの顔つきや体つきなどが親に似るように、歯並びも遺伝するといわれます。後天的原因には食生活や日常の癖、虫歯や歯周病、病気などがあります。後天的原因の中で思いあたるものは意識的に取り除いていくことが大切です。片側ばかりで食べ物を噛んだり、指をしゃぶったり爪や唇を噛む、頬杖をつくなどの日常的な癖があると歯並びの乱れに影響するといわれます。また、虫歯などによって歯を失ってしまうことも原因になります。空いたスペースに隣の歯が傾いてきたりして、歯並びの乱れにつながります。口呼吸もそうです。またアレルギー鼻炎などがあると鼻がつまって口呼吸になってしまいます。

 乱れた歯並びにはさまざまな種類があります。例えば、出っ歯といわれる上顎前突です。また、受け口とよばれる反対咬合、上下顎前突、開咬、過蓋咬合など、さまざまな歯並びの乱れがあります。昔と比べ、顎が小さい子どもが増えています。顎が小さいと歯がきちんと並ぶスペースがなく、歯が重なり合ってしまうことがあります。お子さんの歯並びで気になるポイントがあれば早めに改善してあげることが大切です。

 このようにきちんと歯が噛み合っていない場合には、噛みあわせを整えるため、多くは矯正歯科などで矯正治療が行われます。矯正治療を行うことで、歯を本来の正しい位置に戻し、噛み合わせを調整します。

 矯正歯科での矯正治療には様々な装置が開発されており、子どもの口の中の様子や、装置のメリットやデメリットなどを考慮して一人一人の子どもにとって最適な矯正装置が矯正歯科では選択されています。

 京都市中京区の矯正専門医院京都グリーン矯正歯科センターでは患者の歯並びや噛み合わせに関する相談に随時対応しています。小児矯正の場合は特に矯正治療を開始するタイミングが重要になり、始める時期や矯正の必要性などについて具体的に相談することができます。治療を行うことになったら、カウンセリングを受けます。カウンセリングでは矯正治療の概要について説明をしてもらえますまた、治療費の概算見積もりも教えてもらえます。必要に応じて口腔内写真撮影やレントゲン写真撮影、歯型の採取などの検査が行われて診断が行われます。矯正治療に申し込んだら、京都グリーン矯正歯科センターでの治療が開始されます。

 京都市中京区の矯正専門医院京都グリーン矯正歯科センターは京都市内の四条駅の近くにあり、とても通いやすいロケーションにあります。。

お知らせの最新記事

  • 専門医による、親切丁寧なカウンセリング 矯正無料相談 どんな事でも、お気軽にご相談ください!
  • 世界最先端の技術を取り入れています

Green Dental Beauty 京都グリーン矯正歯科センター

診療時間 9:30から12:45/15:00から20:30 土曜9:00から12:15/14:30から18:00 休診日/金曜・日曜

四条駅から徒歩1分 アクセスマップ

メール相談お問い合せ こちらから

診察・相談のご予約 0120-118-284

〒604-8152
京都市中京区烏丸通錦小路上ル手洗水町670
京都フクトクビル2階