金属アレルギーの場合の矯正治療において気を付けるべき事柄

 アレルギ-体質の人が昔より増えています。ベンゼン環をベ-スにした人工物が世の中のありとあらゆるところに出回っており、当然体内にも集積されているのでアレルギ-反応が出やすくなっているのは、ある意味自然なことであると言えるでしょう。子供たちに、過去との比較においてアトピーが多いのはその顕著な事例であるといえます。同様のことが、金属においても発生しています。アレルギーを引き起こしやすいと言われている金属を長期に渡って体内に取り込むことにより、金属アレルギーとなってしまうことがあります。金属をバリバリ食する人などはいませんが、確実に体内に金属は取り込まれています。その主たる原因は歯科の治療で用いられた金属歯が溶け出していることであります。矯正歯科ではなく、一般歯科での治療によるものであります。

人の体の中で、金属が体を構成する蛋白質と一体となり”金属蛋白複合体”を形成します。金属蛋白複合体(抗原)に対して体は抗体を作ります。そういう風に人体のメカニズムはなっています。簡単にいうと、この時に金属アレルギ-発症ということになります。具体的には金属アレルギーが出ている患者さんはネックレスやピアスで体が触れている部位がかぶれてきます。つまりメタルの装飾品はつけにくいということになります。またそれが進むと、汗が出て金属が体外に流れだし濃度が高まって全身に湿疹が出来たりします。

人の体の中に入って、悪さするのはニッケル、クロム、コバルト、パラジウムです。これらは、金属アレルギーになりやすい金属、そのものであります。そして、ニッケル、クロム、コバルト、パラジウムの金属は一般歯科の治療で使用されることの多い金属なのでアレルギーの原因になりやすいと断言できるでしょう。長い時間をかけて、口の中で溶けだすことでアレルギーが発症してしまうことがあります。個人差もかなりあります。一方、金やプラチナ、チタンはアレルギー反応が出にくいのでは現代の歯科医療には、必ず必要となる材料のひとつと言えるでしょう。

金属アレルギーの患者さんの矯正歯科治療はも一般の矯正歯科治療では対応が不十分になってきます。通常、口腔内の矯正治具は一生涯口の中に居座るわけではありません。1年強程度ですが、リスクを抑えるために装置やワイヤーの材質をアレルギーを誘発しない物にすることが行われます。具体的には、金属アレルギーを誘発しにくいのは、チタン、セラミック、ジルコニア、プラスチック、ゴムになります。ワイヤーに、チタンが用いられるのはそういう理由からなんです。矯正歯科医では、最初に患者さんにアレルギ-の有無について確実にヒアリングを実施して確認を行うところが増えています。ここ京都の矯正歯科でもそれがスタンダ-ドになりつつあります。ノンメタルの透明なプラスチックの板で治していくマウスピース矯正法は、医師も患者もドキドキせずに対応できる金属アレルギー対策として有効な矯正歯科治療方法です。

矯正歯科で治療を始めるときに、アトピー性の皮膚炎を患っている患者さんの場合、すでに治療にかかることは出来ません。まず、今苦しんでいる事柄の原因をきっちりと把握し、それに抵触しない形で治療をしなければならないからです。基本的には、そういう場合、治療を開始する前に皮膚科専門医院の門を叩き、金属パッチテストを受けて金属アレルギ-が発症しているか否かを確認します。そして必要によっては、過去の一般歯科医での治療で設置されている口腔内の金属製クラウンやブリッジを取り除くことが行われることもあります。これらの金属を取り除くだけではダメで、3~6ヶ月程度観察し、再び金属アレルギー症状が緩和したのを金属パッチテストを受けて確認してから矯正歯科治療開始となります。まあ少し気の長い話にはなってしまいます。

お知らせの最新記事

  • 専門医による、親切丁寧なカウンセリング 矯正無料相談 どんな事でも、お気軽にご相談ください!
  • 世界最先端の技術を取り入れています

Green Dental Beauty 京都グリーン矯正歯科センター

診療時間 9:30から12:45/15:00から20:30 土曜9:00から12:15/14:30から18:00 休診日/金曜・日曜

四条駅から徒歩1分 アクセスマップ

メール相談お問い合せ こちらから

診察・相談のご予約 0120-118-284

〒604-8152
京都市中京区烏丸通錦小路上ル手洗水町670
京都フクトクビル2階